バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

EDが完治するまでの治療期間はどれくらい?

男性の中にはEDを発症してしまい、コンプレックスを抱えている人も多いです。
性交渉を行わなければ生活上の支障はありませんが子作りや妊活においては深刻な問題となります。
そのため治療をして改善を図る人も多いです。
完治に当たり治療期間については非常に個人差が大きく、原因によっても差が出てきます。

EDは加齢に加えて生活習慣や精神的要因によっても引き起こされてしまいます。
生活習慣の場合は不摂生により血流が悪くなり勃起しにくくなりやすいです。
また必要な栄養が足りないこともあります。
その場合は生活習慣を改善すれば根本的な原因解消に至る為、比較的簡単かつ短期間で改善されます。
実際に軽度のEDであれば数カ月の治療期間で済むケースも多いです。

生活習慣の改善のみでは難しい場合はED治療薬を用いることが多いですが、使用する方の多くは精神的要因が原因となってEDを発症している人が多い傾向にあります。
男性器の勃起には性的興奮が必要ですがストレスや精神的負担が大きくなるとそれも起こりにくくなります。

その場合はED治療薬を用いて勃起を引き起こすことはできますが、根本的な原因解消には至りません。
また精神的要因は長期化するにつれて治療期間も長くなりやすく自然と完治までの期間も長くなります。
その結果、年単位での治療が必要なこともあります。

他にもサプリメントで治療することもできます。
その場合は精力増強に働き掛ける成分を積極的に取ることでより勃起しやすい状態を体内から作ることになりますが、即効性には乏しいです。
軽度のEDであれば1年以内に変化が出るというデータもありますが、症状が重症であると効果はわずかであり何年行っても微弱な変化しか生まない可能性もあります。

そして手術による治療の場合は比較的すぐに改善されることが多いです。
器質的・外傷性などの原因により陰茎部への血行障害や神経伝達の支障がある場合、それを手術で取り除くため早ければ数カ月で改善に向かいます。

パートナーが心の支えにならないと継続しない

EDを治療する上で原因と治療法の選択が重要となりますが、それ以上にパートナーの支援が非常に重要となります。
男性の多くは男性機能の衰えに伴い自尊心を傷つくことが多いです。
そして治療をすることはその現実と向かい合う必要があります。

治療を継続する中でコンプレックスとも闘い続けることになり、強い忍耐力が求められます。
それがないと途中で挫折してしまいます。
そのためパートナーが支援者となりサポートしてあげることで治療を継続させる方向に向かわせる必要があります。

男性一人では忍耐力がもたずに挫折してしまうことも信頼できるパートナーがいてくれることで乗り越えることも可能となります。
またそれは精神的側面からもED治療においてプラスに働き掛けてくれます。

パートナーの支援に関しても方法に注意は必要です。
重症化したEDは症状の改善にも長い期間が必要になり、変化も緩やかです。
そのため互いに焦らずに無理しないことが必要となります。
男性側は自分自身の変化のため気付きやすいですが、女性側は自分では経験できない変化であり確認する機会も少ないため、必要以上に積極的に確認や介入をしてしまうこともあります。

それは男性側にとってはプレッシャーとなるためマイナスに働きかかけしまいます。
特に症状に変化が出始めたころは男性側にとっては最もデリケートな時期です。
変化が出たからと過ぎに子作りや妊活を進めると十分な勃起もできないまま性交渉に挑み、失敗して再び悪化する危険もあります。

以上のことからもED治療においてはパートナーの支援の有無が重要な要素となります。
しかし支援の仕方を間違えると悪化の危険性も持っています。
そのため女性側にも十分な知識を蓄えておき支援の立場を忘れずにともに努力することが継続の秘訣と言えます。

バルデナフィルについて