バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

3大ED治療薬の特徴を併せ持つアバナフィルとは

アバナフィルは第4のED治療薬として注目されている成分です。
もともとは日本の製薬会社が開発したものですが、2001年にアメリカの製薬会社に権利が売却され2012年にアメリカでED治療薬の主成分として使われています。
アバナフィルを含んだED治療薬としてはステンドラという商品名で販売されており、アメリカでED治療薬として承認されています。
日本でのED治療薬の承認はまだですが、アバナフィルを含んだステンドラは、これまでのED治療薬のそれぞれの特徴を併せ持っており、また自在性が高いので第4のED治療薬として注目されています。

アバナフィルの特徴としては、即効性と食事制限の影響がないということです。
即効性があるものはそれだけ短時間でその効果を得ることができるものですがデメリットとして副作用のリスクも高い傾向にあります。
また持続性も短く5時間程度です。
また食事に影響を受けやすいデメリットもあります。
その一方で持続性のあるED治療薬は副作用のリスクは低く食事制限を受けないといったメリットがある反面で、効果があらわれるまで3時間程度掛かります。
このためシーンによってED治療薬を使い分けるといった人もいます。

アバナフィルの即効性としては15分ほどで効果が出てきます。
また食事の影響を受けないので食後の服用でも十分な効果を得ることができます。
持続性としては5時間程度ですが、即効性があり食事制限がないので、いざという時に利用するさいに自在性に強みがあります。
一方でED治療薬に見られる副作用のリスクは同等で、ほてり、頭痛、動悸、鼻づまりなどが報告されています。
これらの症状はED治療薬が本来もつ血行を良くするという性質によるもので避けられないものです。
またED治療薬を使用するさいに気をつけなければならないのが併用禁忌薬の存在です。
どのような薬においても併用禁忌薬があり、それらの薬を飲み合わせると重篤な症状へと発生する可能性があります。

唯一のデメリットは併用禁忌薬が多いこと

ステンドラの有効成分であるアバナフィルは即効性のあるED治療薬として期待されています。
しかし一方で注意しなければならないのが、他のED治療薬同様に併用禁忌薬の存在です。
ステンドラの唯一のデメリットが他のED治療薬と比べて併用禁忌薬が多いということです。

ステンドラの併用禁忌薬としては、硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤との併用が禁止されています。
これらは狭心症や不整脈の薬ですが、併用することによって急激な血圧の低下を招く可能性があります。
血圧低下によって意識を失うほか心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。
このほか抗不整脈薬、真菌薬、抗生物質、HIV、そのほかのED治療薬なども併用禁忌薬とされています。

また併用禁忌薬のほかにもステンドラに含まれるアバナフィルによってアレルギー反応を起こす可能性があるためアレルギー体質の人は注意しなければなりません。
また低血圧の人も使用できません。
これはED治療薬が血流を良くする効果があるため、低血圧の場合にはさらに血圧を下げることになります。
またアバナフィルは肝臓で代謝されるため肝機能障害のある人も禁忌とされます。
このほか、網膜色質変性症も悪化する恐れがあるため使用が禁止されています。
それと半年以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血の既往歴のある人も利用してはいけません。

またED治療薬に共通していることですが、ED治療薬では勃起をしやすい状態にするだけであり、性欲を高めたり滋養強壮の効果はありません。
このため体力がない場合にも服用は禁止されています。
いずれにしてもED治療薬を使用するさいには、身体への負担が大きいため健康であることが使用する条件になります。

バルデナフィルについて