バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

東洋医学の神秘!漢方薬でEDを改善!副作用はない?

勃起不全(ED)の薬といえば、バイアグラなどが有名ですが東洋医学の漢方薬にも勃起不全を改善することができます。
漢方薬とは、もともとは中国で発達したものと日本で独自に進歩したものがありますが、共通しているのは病気を体全体の不調和と考えて、体全体を整えるための生薬を配合したものです。
漢方薬は複数の生薬をあわせて作られており、パッケージとして販売されているものもありますが、本来は漢方薬局で薬剤師が患者の体質を見ながら調合します。
一般に使われている薬とは異なり漢方薬は薬が効く原理を解明したものではなく、長い年月の中で培われた経験則によって成立し、また効果も即効性ではないため副作用が出にくいといったメリットがあります。

東洋医学の特徴としては、その人の状態を見ながら判断します。
この状態のことを東洋医学では証といいます。
証は陰陽、虚実、気・血・水といったさまざまなものから判断され、その人の状態に合わせて生薬を配合します。
陰陽では、体質や病気の進行をみますし、虚実では体力や抵抗力を判断します。
これら身体の体質を見て、さらに気・血・水といったものから不調の原因を探るといったものです。
ただ完全に一から配合することはなく、ある程度まとめられた漢方薬にその人の体調に合わせて生薬を足し引きします。
基本的には薬局で調合してもらうのがベストな方法ですが、パッケージでも売られており、また価格もリーズナブルですので手軽に手に入れることができます。

効果としては、即効性はなくゆっくりと身体にその成分を染み込ませることで状態を改善していきます。
ED治療薬とは異なって即効性がありませんが、そのぶん副作用のリスクも低いメリットがあります。
また体質に合わせて調合したものであれば、より身体にマッチした効果を得ることができます。
特に副作用のリスクの低さやそもそもED治療薬が価格が高いので、あえて漢方薬を使って治療する場合もあります。

証を間違えると副作用を引き起こす恐れも

漢方薬のメリットとしては、その人の体質、状態を見て処方されるということです。
またパッケージされた漢方薬であれば薬局でも購入することができます。
いずれにしても効果としてはゆっくりと身体に浸透させてから発揮されるので副作用のリスクが低いことです。
ただし証を間違えると副作用が出る場合があります。
これは病院でも見立てが間違うと治療をしても効果が出ないのと一緒で、効果が出ないだけであれば良いですが悪い方向に効果が出ると副作用となり、健康を害することになります。
漢方薬の場合にはそれぞれの生薬の働きによって身体の状態を整えるというものですが、例えば低血圧の人に血圧を下げる効果のある生薬が多く含まれると低血圧といった副作用を発生させます。

漢方薬で、EDに効果があるとされるのは当帰芍薬散、八味地黄丸、桂枝加竜骨牡蛎湯などがあります。
当帰芍薬散の作用としては血液の流れを良くするというもので、東洋医学で言うところの虚血にあたる人に対してその状態を改善することができます。
これによって勃起が維持できない中折れに対して効果がありますし、また疲れやすい人や貧血にも効果があります。
また八味地黄丸も当帰芍薬散と同様の効果がありますが、作用としては水分の代謝を改善し血液循環を良くすることです。
体温を上げる効果があるので、精力の低下を防ぐほかにも健康面や更年期障害、腰痛などにも効果があります。
一方でEDはメンタル面でも発生しますが、このさいに効果があるのが桂枝加竜骨牡蛎湯です。
桂枝加竜骨牡蛎湯は、高ぶっている神経を落ち着かせる働きがあります。
また神経を落ち着かせることによって身体のストレスを改善してEDを改善することができます。

バルデナフィルについて