バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

勃起力を取り戻す手術方法をご紹介

男性器のペニスは性行為を行うさいには血液が満たされ硬くなる勃起状態になりますが、この勃起は年齢を重ねるごとにその機能が低下していきます。
もちろんいつまでも若々しく保てる人もいますが、それでも年齢による衰えはほとんどの人に見られます。
これは年齢による身体の衰えのほか男性ホルモンが20代をピークに減少するためです。

勃起力を取り戻す方法としては日頃の生活から身体を鍛えたり、男性ホルモンを分泌しやすい食事を取るといった方法のほか、薬やサプリメントによって勃起を高めるといったものがあります。
さらに美容整形のひとつとして手術によっても勃起力を取り戻すことができますが、後遺症のリスクが高いので最終手段とも言えます。

トレーニングや食事のメリットは身体に与えるものが好影響しかないということです。
健康な身体を作ることによって、健全な勃起力を手に入れることができますが、すぐにその効果を得ることができないのがデメリットといえます。
サプリメントは食事と同様に身体に足りないものを補充するために行われるのでデメリットはありませんが、コストが高くなります。
また栄養だけ補充しても身体が健康でなければ性行為時の体力が得られないためアンバランスな状態になります。
薬のメリットは即効性があることですが、同時に身体に与える負担も大きいため副作用のリスクがありますし、一時的な効果であり持続的に勃起力を高めるといったことはできません。

一方で手術による勃起力を高める方法は、持続的な効果を得られる反面で身体にメスを入れることから後遺症のリスクがあります。
特に勃起力を高める手術の多くはペニスに勃起力を高めるサポート材を入れるといった仕組みですから体内に異物が入ることになり、それらによる悪影響が出るデメリットがあります。
また手術は不可逆的な行為ですから、元の状態に戻すといったことは困難ですから、手術によって勃起力を取り戻すといった場合には十分考える必要があります。

最終手段!後戻り不可!陰茎プロステーシス手術!

勃起力を取り戻すための美容整形手術としては陰茎プロステーシス手術がありますが、これはED治療にも使われるものです。
陰茎プロステーシス手術の仕組みとしてはペニスの海綿体に専用の器具を挿入して勃起力を取り戻すというものです。
この場合には伸縮性のあるシリコンを挿入するというものと、ポンプを操作してペニスに水を送り込み擬似的に勃起させる方法があります。
前者のシリコンを挿入する場合にはペニスは硬い状態ですが、10万円以下で行うことができます。
一方でポンプを操作する場合には自然な勃起にすることができるメリットがある反面で操作が煩雑で費用も高額で数十万円は必要になります。
いずれにしてもこの陰茎プロステーシス手術は勃起不全の最終手段とも言える方法で、単に勃起力が弱くなったので行いたいといった場合には不向きで、事故によってなった場合などに行われます。

この陰茎プロステーシス手術を行う前に選択される手術としては血管拡張手術やVCD式カンキ、海綿体注射などがあります。
血管拡張手術は、文字通り血管を拡張するものです。
勃起はペニスの海綿体に血液が流入することで発生しますが、この血液の流れを物理的に妨げている場合があり、そのような場合には血管拡張手術によって血流を改善することで解消する場合があります。
またVCD式カンキは、いわゆる真空ポンプを使う方法で空気圧の力を使ってペニスを引っ張るというものです。
これによりペニスの体積を増やすことができます。
また海綿体注射は勃起を促す成分をペニスに注入するというものです。
バイアグラとは異なり直接注射するので即効性が早いメリットがありますが、病院で注射をしてもらうか自身で行わなければならないといったデメリットがあります。

バルデナフィルについて