バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

バイアグラで不倫は危険!絶倫体験の恐怖とは?

バイアグラは、ファイザー社が開発した世界ではじめて製品化されたEDを治療するための薬です。
それまでのED治療では、精力を高めるといったものが中心でしたが、バイアグラの登場によりEDの原因を一時的に取り除くことが可能になっており、ある意味では革命的な存在といえるものでした。

一方でバイアグラの有効成分であるシルデナフィルはもともとは肺動脈性肺高血圧症の治療薬として開発された成分でしたが、その使用において男性が使用すると勃起が起こりやすくなるという副作用が報告されるようになり、それらをED患者向けにしたものを製品化したのがバイアグラになります。
作用としては、血管拡張の作用により血流を良くするといった効果のほか、勃起を抑える物質を阻害する働きがあり、一度勃起したものを鎮めにくくする効果を得られます。
なお、シルデナフィルそのものに性欲を高める効果はなく、あくまでも勃起をしやすくし、また勃起を維持する効果のある薬といえます。
バイアグラは1998年にアメリカで発売され、さらに1999年には日本でも製造販売承認を取得しており、その歴史は20年近くになり、特許の関係から同じシルデナフィルを使ったジェネリックも登場しており、ポピュラーなED治療薬ともなっています。

しかし、バイアグラの使用は身体への負担が大きいことが知られます。
血管拡張による作用から低血圧の人が使用すると失神を引き起こすリスクがあります。
また血管拡張を促す薬との併用は副作用の危険を高めるため併用禁忌薬となっています。
網膜色素に対しても悪影響が出るため、夜盲症の人の使用は禁止されています。
特に血管拡張による作用でバイアグラを間違った使い方をして死者も出ているため使用には自身の身体の状態を理解し、そもそも健康な状態でセックスの時に性欲があるのに勃起しない、または勃起が維持できないといった純然たるEDの時に使用することが求められ、また用法用量を守ることが副作用の危険を避けるためにも重要です。

バイアグラの多量の服用は最悪死ぬ

どのような薬においても一定の危険は存在しますが、特にバイアグラはその危険が高い薬です。
基本的には医師の診察を受けて問題がない状態で服用することが大事なのですが、それ以外のルートで手に入れて多用するとますます副作用の危険を高めることになります。
特に失敗するのを恐れて用量を守らずに過剰に摂取するといった行為は厳禁です。

バイアグラの用法用量としては、1日1錠が基本です。
バイアグラの効果としては5時間程度で、通常は次の服用までに24時間以上の間を空けることが求められています。
また過剰にアルコール摂取した場合には効果が強くでる場合がありますから注意が必要です。
また1日1錠でも摂取量は日本人の場合には50mgで、外国人でも100mgが適量で、これを超えた量を飲むと身体への負担が大きくなり、死に繋がる副作用が出る危険が高まります。

実際に大量に摂取することで心臓発作によって死亡している例もあります。
原因としては血圧の急激な低下により心臓への酸素供給に支障を来したと考えられています。
また死亡にまで至らなくても体内にシルデナフィルが多く存在することにより勃起が起こりやすい状態になります。
過剰摂取すると吐き気、めまい、幻覚症状などが起こり、さらに勃起が治まらない状態が続きます。
成分が抜けきるまで問題がなければ、元の生活に戻ることができますが、ペニスに異常が発生すると最悪の場合にはペニスの切除しなければならないことになります。

いずれにしてもバイアグラは、海外では100mgのものも販売されていますが、肺動脈性肺高血圧症で使用されるシルデナフィルの用量も1回20mg1日3回の合計60mgであり、日本で処方されるものが50mgが中心であるということを考えると、50mgを超えるような摂取は副作用の危険が高まりますし、極端に摂取すると死に繋がる危険が高まります。

バルデナフィルについて