バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

シアリスの副作用は内臓に影響するので服用には注意を

シアリスはEDの治療薬のであり、日本国内では2007年から市場に出回っています。
これは勃起をさせないようにする酵素に作用して、血管を広げて血流の量を増やすことによって勃起促進の効果を得ることができる薬です。
ですので、性欲や勃起する力をとりもどしたい人などには、とても有効なED治療薬となっています。

また持続時間は薬を服用してから約24時間程度と、かなり長めとなっています。
この持続時間の長さが、ほかのED治療薬とのおもな相違となっています。
ですので連続で服用したり、多めに服用したりする必要はありません。
またシアリス服用後は、胃の中でじょじょに溶け出していきその効果を発揮していきますので、身体への影響も急激にあられることはあまりありません。

またほかのED治療薬と比較しても副作用が少ないとされ、食事の影響もあまり受けないので、食後に服用しなければいけないような薬と違って好きな時に服用でき使いやすいというメリットはありますが、人によってはシアリス服用で内蔵に影響があることもあるようです。

たとえば胃の消化不良状や嘔吐、腹痛が起こるなどがあります。
そしてひどい場合、胃腸炎や逆流性食道炎などになってしまうこともあるのです。
また腸にも影響が出る場合もあり、下痢や便秘などといった症状につながることもあります。

そしてまれにではありますが、肝臓や腎臓の機能にも影響する場合もあるようです。
これによってなかには尿酸値が上昇してしまうような場合もありえます。
そしてこの尿酸値の上昇は痛風のリスクにもつながってしまうので注意が必要です。
シアリスに限ったことではありませんが、肝臓や腎臓の機能に不調があったり、心臓に持病を抱えている場合や、ほかの薬を常用している場合などには服用を控えたほうがよいでしょう。
ですので、そういった心配のある方は服用する前に必ずに医師に相談してアドバイスをもらうようにしてください。

とはいえシアリスはEDを改善する目的で開発された医薬品ですので、身体が健康でとくにに大きな持病などがない人は、それほど副作用を心配をする必要はないのですが、服用によって内蔵の機能などに影響が出てしまった場合には頭痛やめまい、鼻づまりなどといった風邪のような症状があらわれます。
そういった表にあらわれる症状が内臓の不調へつながるシグナルとなる場合もあることを知っておきましょう。

シアリスの併用禁忌薬について知ろう

シアリスの有効成分「タダラフィル」は、おもに肝臓で代謝されていきます。
肝臓には多くのCYP分子種の一種である「CYP3A4」という酵素があり、この酵素が「タダラフィル」が代謝する際には必要不可欠なのです。
薬剤のなかにはこの「タダラフィル」の代謝に必要な「CYP3A4」を阻害してしまうような作用のあるものが存在します。
ですので、そういった作用のある薬とシアリスの併用には注意が必要です。

具体的なメカニズムは、「CYP3A4」を阻害する作用がある薬とシアリスを併用してしまうことで血中の濃度が上昇していきます。
これによって薬の効きめが大きくなりすぎたり、代謝が遅れてしまい薬効成分が身体のなかに長く滞った状態になり、副作用の症状が出るリスクも高まってしまうのです。

またそれとは逆に、「CYP3A4」を誘導することによって代謝をはやくし過ぎてしまい、薬の効果を実感できなかったり、効果を実感できたとしても持続時間が大きく短くなってしまったりすることも考えられます。

シアリスの併用禁忌薬の代表としては硝酸剤が挙げられます。
硝酸剤は血圧を下げる効果があり、シアリスにも同様に血圧を下げる効果があります。
ですので、これらの薬を併用してしまうと、通常の効果よりも大きくなりすぎてしまい、急激に血圧が下がってしまいます。
この硝酸剤は服用するタイプのほかにスプレータイプや貼り薬などさまざまありますが、どのタイプであってもシアリスとの併用は避けてください。

そのほかの併用禁忌薬としては慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬が挙げられます。
これとシアリスを併用してしまうと、症候性低血圧を起こすリスクが出てしまうので、こちらも同様に併用は避けるべきでしょう。

バルデナフィルについて