バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

ザイデナという日本人向きのED治療薬を知ってる?

ED治療薬の一つに、ザイデナという治療薬がありのをご存知でしょうか。
世界30カ国以上に輸出され、世界のシェア第2位のとても人気が高いED治療薬です。
このザイデナは韓国で開発されたED治療薬で、その最大の特徴は韓国人をはじめとするアジア人男性向きに作られていることです。

従来の多くのED治療薬はアメリカを中心に開発されてきたために、アジア人よりも体格が大きいアメリカ人男性を基準に成分が調合されています。
最近は日本人男性も体格は良くはなっていますが、それでもアメリカ人男性と比べると体格は劣ります。
そのためアメリカ人男性向けのED治療薬は、効き目が強すぎるということや、副作用などを心配する方が少なく、日本人男性にとってあまり相性の良い薬ではありませんでした。
これはお隣の韓国でも同じです。

しかし、ザイデナは日本人とほぼ同じ体格の韓国人を中心に、アジア人向けに作られているので、日本人との相性も抜群に良くなっています。
有効成分の含有率もちょうど良い具合になっているので、使用上の注意をよく読み、それを守って服用するかぎり、副作用の心配もほとんどありません。
つまり、安心して使用することができるということです。

ザイデナの有効成分はウデナフィルと呼ばれるもので、最大12時間以上効果が持続します。
ウデナフィルの特徴の一つに食事の影響を受けにくいということがあります。
多くのED治療薬では食事の影響を受けやすく、胃の中に食べ物が残った状態で服用すると効果が半減してしまう場合が少なくありません。

しかし、ザイデナに含まれているウデナフィルはパン1つ程度ならほとんど影響を受けることはなく、通常の食事でも食後2時間後には服用が可能になります。
推奨されている服用のタイミングは、性交を行う30分前となっていますが、効果の持続時間は最大12時間もありますので、服用するタイミングにはそれほど気を遣う必要はなさそうです。

ザイデナは日本人向けなので副作用が少ない

ED治療薬を服用する場合、効果の高さだけでなく、副作用についても理解することが大切です。
ED治療薬によっては、重篤な副作用を引き起こす事例も報告されているからです。
ただ、このザイデナに関しては、重篤な副作用の心配はほとんどないようです。
この点は安心して良さそうです。

有効成分であるウデナフィルは、もともと前立腺肥大を治療するために開発されたもので、その過程において勃起不全にも効果があることが確認されました。
日本でも前立腺肥大の治療薬成分としてウデナフィルは承認されています。
第4のED治療薬としてザイデナが登場したのは2015年とまだ新しく、その分副作用についても多くの研究が積み重ねられてきたといって良いでしょう。

ただ、一時的に起こる可能性のある副作用はあります。
報告されているのは、頭痛や顔の火照り、眠気や鼻づまりなどです。
どれも特に問題にする必要はなさそうです。
ただ、アルファ遮断薬を服用している方や高血圧、あるいは低血圧の方、これまでに勃起不全治療薬でアレルギー反応があった方、女性や小児、高齢の方などの服用は控えたほうが良いようです。

ザイデナの購入にあたっては、副作用以外に偽物に注意することも大切です。
これは他のED治療薬についても言えることですが、ED治療薬はネット上で出回るようになり、他の医薬品の中でも類を見ないほど粗悪な偽物が出回っています。
偽物は効果が期待できないだけでなく、服用後に重篤な副作用が起こる可能性があります。
実際に重篤な副作用が起こったケースの多くは、このような偽物です。
偽物をつかまされないためにも、安心のおけるネットサイトから購入することが大切で、外国のサイトなどは避けたほうが無難です。

バルデナフィルについて