バルデナフィルを女性に使うと?媚薬効果あり?

バルデナフィルはED治療薬のレビトラの成分ですが、血行促進作用があり、女性にも効果があるため女性も使用することができます。性行為の悩みは一人で抱える必要はありません。不感症、勃起不全の場合には治療薬で改善していきましょう。

バルデナフィルを女性に使うと?

バルデナフィル塩酸塩はED治療薬であるレビトラに含まれる成分です。
男性に主に処方されるこの薬は血流促進効果が高く、勃起しない悩みをいち早く解決していくことが出来ます。

この治療薬を女性が飲んでも同じような効果が期待できるというデータが残っていますが、レビトラはあくまで男性用に作られた薬です。
女性が服用することで副作用が顕著にあらわれることもあるため注意が必要です。

もし必要であれば女性用バイアグラであるラブグラを服用するようにしていきましょう。
レビトラとラブグラの成分、効果については似ている部分もありますが、やはり安全性を重視するのであれば用途や服用方法をしっかり守っていくことが大切になってきます。
女性の不感症を解消するためにもこの点はしっかり押さえておきましょう。

バルデナフィルはED治療薬の成分

バルデナフィル塩酸塩はレビトラなど、ED治療薬に用いられる成分です。
EDの原因である男性器の器官に直接的に作用してその機能を促していきます。
心因性の勃起不全や体質的な問題で引き起こされるEDに効果があるとされており、実際の治療でもよく活用されています。

そもそも、EDは精神的ストレスや性行為に対するトラウマ、コンプレックス、さらには体質的な問題で引き起こされていきます。
精神面の問題が原因となっている場合、男性が性的に興奮したとしても自律神経の影響でそれが男性器にうまく伝わりません。
脳内では興奮物質が分泌されているのにもかかわらず、それが男性器に影響しない、勃起しない状態が引き起こされるわけです。
この状態が長引くと勃起しない状態で射精が促されることになるため、非常に危険です。

このケースは時に精液の逆流や尿道炎、EDの症状の悪化を招くことになります。
性行為の際に勃起しないので挿入が出来ない、それがさらにトラウマとなり悪循環となっていきます。
こうした勃起不全の症状があらわれているという場合には注意しておくといいでしょう。

体質的な問題が原因で勃起不全になっている場合、それには加齢による体質の変化が関係してきます。
年齢を重ねれば重ねるほど、血管は硬くなり動脈硬化の傾向が強くなります。
また、糖尿病や高脂血症、高血圧などの病気を持っている人は、血管や血液の状態が通常よりも悪いので、そこでも問題がでてきます。

通常、男性は興奮すると脳内で興奮物質が分泌されます。
これが神経を通して男性器に伝わり、男性器内の陰茎海綿体という器官が反応していきます。
血管を膨張させ、血流を流れ込みやすくしていくのですが、先に挙げたような体質的な問題がある人は、血管を膨張させること自体が難しくなるため、勃起が促されにくくなります。
ここで正常な人であれば、海綿体が緩くなり血流が促進されることで勃起が促されます。
射精までこの状態が維持されることで性的快感を逃さずに得られるようになるわけです。

バルデナフィルの効果とは

バルデナフィル塩酸塩はこの陰茎海綿体の筋肉の緊張を緩める効果があります。
さらに、水に溶けやすいのが特徴で服用してすぐにその効果が期待できるのがメリットとなります。
海綿体の緊張を緩めることが出来れば、あとは自然と体の反応に任せるだけです。
体質的な問題がある人、心因性の原因がある人は、この海綿体の反応の悪さによってEDの症状が進行していきます。
それに対してED治療薬、バルデナフィル塩酸塩は直接的にその反応を促していくことができるわけです。

レビトラなどに含まれるバルデナフィル塩酸塩はあくまで海綿体の緊張をほぐす、血流を促進していくのが主な効能となります。
性的な興奮を増幅させる効果はない、この点だけはしっかりと押さえていくといいでしょう。

もちろん、性的刺激などによって興奮を覚えられるという人であれば、このレビトラ、バルデナフィル塩酸塩によって十分な効果を実感することができます。
ただ、性的刺激によって興奮自体が得られないという人であればまた趣味嗜好を考慮して工夫を凝らすことが大切になってくるわけです。

ED治療薬はそれ単体で劇的な効果が得られます。
レビトラのようにバルデナフィル塩酸塩を配合している薬であれば、男性特有の悩みをいち早く解決していくことが出来るわけです。
レビトラは服用から15分から20分程度でその効果があらわれます。
食事に関してもさほど制限がでることはないため、性行為のために準備する手間も省けます。
効果の持続時間は約10時間ほど、時間が長いのである程度余裕をもって服用をしていくのがおすすめです。
バルデナフィル塩酸塩が配合されているレビトラなどのED治療薬を用いる場合には、その服用のタイミングをうまく調整していくことがポイントとなってきます。

バルデナフィルを女性が服用すると得られる効果とは?

バルデナフィル塩酸塩は男性だけでなく女性でも同じように反応していきます。
そもそも、バルデナフィル塩酸塩は血行促進、血管の拡張効果があるため服用することによって女性でも同じように興奮を促されることがあります。
もちろん、これは男性用に作られた薬ですから女性にも同じような興奮作用があるというわけではありません。
ただ、血行促進、血管の拡張によってクリトリス部分がいつもよりも敏感になったり、不感症の症状が幾分治まったりというケースも出てくるのは確かです。

ただ、注意が必要になってくるのが女性と男性の体のつくりの違いです。
男性の場合には、先にも述べたように陰茎海綿体という器官が存在していますが、女性の場合はありません。
陰茎海綿体の筋肉を緩める効果があるバルデナフィル塩酸塩、女性の場合はそれがないため、時に血流を無駄に促進させ気分を悪くさせることもあります。
症状が顕著にあらわれると頭痛やめまい、吐き気など血流促進効果が強すぎてつらい思いをすることになります。

バルデナフィル塩酸塩は女性が服用してはいけないと断言できるものではありませんが、科学的にその危険性が検証もされていません。
つまり服用によってどうなるか誰もわからないということです。
体質によっては不感症対策というよりもマイナスの効果があらわれることがある、この点だけはしっかりと押さえておきましょう。

一部のデータでは、レビトラを女性100人に処方したところ、その大半がクリトリスからの性的刺激を感じやすくなったという結果が残っています。
男性の場合、勃起が促されることになりますが、女性は先に挙げたように勃起という機能自体がありません。
その代りに、クリトリスが過敏に性的刺激を感じ取り不感症を防ぐことができるわけです。

不感症の原因はいろいろある

そもそも、女性の不感症は女性だけの問題ではなく、パートナーのテクニック不足、性行為に対するコンプレックスや嫌悪感が関係しています。
女性の不感症を改善していくためにはまず、これらの原因を解消していくことが大切になってきます。
例えば、パートナーに不感症かもしれないと相談し、その対策を打っていきます。
必要に応じてアダルトグッズを使ったり知識や技術を身に着けることで性的興奮を覚えやすい体を作っていきます。

また性行為自体にコンプレックス、嫌悪感を抱いている場合にも個別の対処が必要です。
具体的にはパートナーとの相談の上、互いの理解を深めていくことです。
クリトリスへの性的刺激を繰り返していけば多くの女性が絶頂を経験することが出来ます。
不感症の人はこの絶頂がどのようなものかもわからないまま放置しているケースが多いため、まずはこの絶頂とはどういった状態のことなのか理解していくことから始めていきましょう。

絶頂を体験するための工夫として、レビトラを活用するという方法もないわけではありません。
先に挙げたようにバルデナフィル塩酸塩によってクリトリスが通常よりも過敏に反応していきますし、それによって絶頂も感じやすくなっていきます。
ただ、やはりその危険性を十分に理解していくことは大切ですし、出来る事なら女性により特化した成分が含まれている媚薬を使っていくのがおすすめです。

バルデナフィル塩酸塩の成分が配合されたレビトラはあくまで男性用の治療薬、女性のために作られたものではありません。
女性の不感症対策のためにはラブグラなどの興奮剤を使用していくようにしましょう。
世間で媚薬と言われる興奮剤は、男性用と女性用に分けて売られているものが大半です。
身体への負担が少ないように、危険が少ないように使用用途はしっかり守っていくことが大切になってきます。
バルデナフィル塩酸塩の成分が配合されたレビトラはもちろんのこと、女性用の媚薬、興奮剤を使用するときにもこの点だけはしっかりと押さえておくといいでしょう。

レビトラは女性用バイアグラと同じ効果はある?

女性用のバイアグラ、所謂媚薬や興奮剤の役割を果たしてくれるラブグラはどういった効果があるのでしょうか。
まず具体的な媚薬の効果をあげるとすれば、膣内の血流を促進したり膣内の分泌液を多くしたりする効果があります。
これによって何が変わるのかといえば、膣内の血流が増すことによってそこから得られる快感がより多くなっていきます。
そして膣内の潤いがキープされることによって挿入時の痛み、不快感を軽減していくことが可能です。

女性が性行為に対して不快に思うタイミング、その多くは挿入時となります。
不快感の原因は膣内の潤い不足となりますが、人によっては挿入時に強い痛みが患部に走ったり、あるいは男性のピストン運動によって膣内に傷が出来てしまうこともあります。
この傷が治っていない段階でさらに性行為があれば、症状はさらに悪化していき、性行為に対するトラウマを増幅されてしまいます。

女性用の媚薬、興奮剤であるラブグラにはこの膣内の乾燥、血行不良による膣内の緊張を防ぐ効果があります。
血流促進効果と聞けば、レビトラと同じような効果があるのではと思われる人も中にはいるでしょう。
確かに、先にも挙げたようにバルデナフィル塩酸塩の成分が含まれるレビトラには血流を増やす効果もあります。
効果の面では似ている部分が多いわけです。

レビトラとラブグラは決定的に異なる薬

実際、ラブグラはレビトラと同じように体の機能を活性化させていく効果はありますが、それ自体に性的興奮を高める効果はありません。
ラブグラを使う場合には性的な興奮を高めるために、自分たちでも工夫を凝らす必要があるというわけです。

レビトラとラブグラは似ている部分が多いとは言いましたが、明確に違う点もあります。
それは男性用の薬なのか、女性用の薬なのかという点の他、効果の持続時間や効果が実感できるまでの時間です。
基本的に、ラブグラは性行為のある1時間前までに服用が勧められます。
レビトラが即効性のある薬だったのに対して、ラブグラはある程度の余裕がないとその効果を十分に生かしきることができないわけです。

効果の持続時間についても注意が必要で、ラブグラの場合、その効果持続は6時間から8時間と言われています。
レビトラに比べるとその時間が短いため、服用の際にはそのタイミングに注意していきましょう。
もちろん、6時間から8時間の時間の猶予があるとなればさほど苦労することはありませんが、レビトラのような即効性や持続性を期待しているのであれば注意が必要になっていきます。

先にも挙げたように、レビトラは男性用に作られたED治療薬です。
女性の場合にはラブグラを使うのがベストですし、逆に女性用のラブグラを男性が使うことも避けるに越したことはありません。
レビトラとラブグラは成分的にはさほど大きな違いはありませんが、やはり男性の身体には女性の時以上の副作用があらわれてしまうこともあります。

安全が保障されていない服用方法で効果が出たとしてもそれは決していいものではありません。
その分危険性も高いこと、ちょっとした体調不良や体質の変化によってこれまでは大丈夫だったのに急に身体に異変があらわれることも考えられます。
安全性を考慮するのであれば、最初から正しい方法でED治療薬や女性用バイアグラを使用していくようにしましょう。

本来、医薬品はその安全性を確保していくために服用方法、用途が決まっています。
成分が似ていれば、さらには効能が同じであればその服用方法や用途を変えても大丈夫というわけではありません。
寧ろ、ちょっとした服用方法、用途の違いによって重大な副作用、症状を引き起こしてしまう恐れもあるわけです。
自分の身を守るためにも、変に服用方法を変えることで体に支障をきたすことのないように、レビトラは男性だけが服用するようにしていきましょう。
またラブグラに関しても女性だけが服用するよう徹底していくべきです。

バルデナフィルについて